加圧シャツは圧が凄いだけにめくれてしまうと気持ち悪い。着用してる時に同じ思いをしている人たちはどうしているのだろうか?加圧シャツを着用してめくれたらどんな対策方法があるか調査しました。

加圧シャツはピタッと体にフィットしているけど、めくれることが稀にあります。
めくれてしまうと気持ち悪いし、何より加圧シャツの効果が減少してしまうのでシャツにクセがつくと厄介です。

ここでは、加圧シャツがめくれてしまう原因や対策について書いていきます。

なぜ加圧シャツがめくれてしまうのでしょうか?
原因の一つとされているのが、加圧シャツの作りにあると言えます。

加圧シャツがめくれてしまう人が着用している多くが、丈があまり長くないことにあります。
普通のシャツに比べて伸縮性が強いため、加圧シャツ自体の丈が長めでないと体型によってはめくれてしまうのです。

着丈が短いと腕を上げたりと動作した時により丈が短くなりめくれて行ってしまうということになり安定しない。
着丈が長ければ、ズボンの中に入れてればズボンでもベルトでも支えられるのですが、短い場合はそもそもズボンに入れることが出来ません。

なので着丈の短い加圧シャツがめくれてしまう場合は対策もできないことになります。


加圧シャツがめくれないための対策方法は?

「着丈が長い加圧シャツに買い替える」

ここに尽きます。

阿修羅圧 サイズ
阿修羅圧 サイズ表

前かがみになったり、腕を上げたりと行動する際にシャツが上へと引き上げられてめくれることが原因なのですから、短い着丈はめくれやすくなります。
今着用している加圧シャツで、前かがみになったり腕を上げた時にめくれあがってきているようなら、着丈が長い加圧シャツに買い替えるのがベターです。

せめてズボンの中にインできそうであれば買い替えの必要はないかと思いますので試してみてください。

もし日々めくれてしまう加圧シャツにイライラする、気持ちが悪いと感じているのであれば素直に買い替えることをおすすめします。

着丈が長ければズボンの中に入れなくてもめくれない可能性が高いですし、例えめくれたとしても肌が露出してしまうほど着衣が乱れるほどめくれることはないでしょう。

また、めくれる着丈の短い加圧シャツを着続ける事は避けてください。
なぜなら、お腹や背中、腰辺りが加圧されなくなります。

一番引き締めたい場所が全く加圧されず肌が露出している状態では加圧シャツを着ていても効果がありませんし、着用の意味がありません。

どうしても買い換えたくない場合は、ベルトを活用しましょう。
ズボンの中に着丈の短い加圧シャツをインしてベルトで固定するのではなく、お腹の上にベルトをすれば固定されます。

おすすめなのは着丈の長い加圧シャツに買い替えることです。
夜寝るときにベルトをするのではゴツゴツと体に当たって安眠できませんからね。

着丈の長い加圧シャツでお腹周りや腰がフィットさせて理想の体型にまで引締め生活を送りましょう!

>> 今すぐ!公式サイトで話題の阿修羅圧をお安く購入!!