阿修羅圧

加圧シャツには長袖もあれば半袖のものもあります。加圧シャツは長袖と半袖ではどちらの方が良いのか、効果やお得感など多方面から調査した結果をまとめました。

加圧シャツは基本的に半袖のイメージがありますが長袖のものもあります。

なんとなく長袖の方がお得感があるように感じるのですが、そもそも長袖と半袖ではどちらの方が良いのでしょうか?
このページでは加圧シャツの長袖と半袖ではどちらが良いのか?お得感や効果について調査した結果をまとめました。

加圧シャツはなぜ半袖が多いのか...それは長袖である理由が見当たらないからだった!

加圧シャツは着用すると圧がかかるので、基本的に運動効果が高くなるので暑くなりやすいのです。
半袖でも暑く感じてしまうのに長袖の加圧シャツだったらどうでしょうか。

加圧シャツを着て日常生活を送る、仕事をしているとかなり暑く感じるでしょうから長袖だと暑くて頭がボーっとし集中できなくなってしまう。
こういったことから考えても長袖よりも半袖の方が使いやすいから、基本的には長袖シャツよりも商品として多く出回っています。

加圧シャツが長袖である理由はあまりないのでは?

加圧シャツでどこを引き締めたいか?というと、主に腹筋。そして胸筋ではないでしょうか。
普段、スポーツや筋トレでもしない限り使われず、脂肪が付きやすいところに負荷をかけるからこそ加圧シャツに意味があるのであって、日常的に良く使うところまで加圧シャツの範囲を広げる意味があまりない。
そう考えると、腕部分は体の中でも割と良く使う筋肉だし、比較的に脂肪がつきづらい部位です。

だから、その腕部分を圧迫しても対して効果は変わらない、感じられないでしょう。
そもそも、長袖で腕を圧迫すると動きづらく日常生活が少々不便になるというデメリットもあります。
こういったことを加味すると、長袖の加圧シャツでなくても良いという結論になりました。

阿修羅圧


敢えて、長袖の加圧シャツのメリットを探してみると・・・

冬場のトレーニングには強いし救いになる点です。
冬でも加圧シャツを着用してトレーニングをしていれば徐々に暑くなってきます。

トレーニングを始める前段階で半袖だと、いくら加圧シャツと言えども寒いこと間違いなしです。
長袖であれば初動の寒さから肌を守ってくれるし、冬場に半袖でトレーニングするほど浮いて見えることはありませんから、季節感という点でも冬は長袖が活躍します。

もう一つは、怪我の防止につながることもある点。
スポーツをしていた方は分かると思いますが、筋肉が縮こまって体が温まらないと筋を傷めるなど怪我をしやすくなります。

その点、長袖の加圧シャツだと上半身全体に圧がかかっているため体が早くに温まりやすい。
体が温まっていれば怪我をする可能性も低くなるため、冬のトレーニングでは長袖の加圧シャツの方が良いという点がメリットです。

>> 今すぐ!公式サイトで話題の阿修羅圧をお安く購入!!